預貯金の限界

預貯金の限界

預貯金の限界

 預貯金は本来、持っている資産を増やすためのものですが、皆様ご存知の通り、今の日本において、この状況は全く当てはまりません。様々な金融商品が発売されていますが、長い間預けても、受け取ることができる金利はわずかなもの。これから先、日本は更なる少子高齢化を迎えます。具体的には、80年後には日本の人口は4,000万人になってしまうのです。今すぐに感じることはできないかもしれませんが、少子高齢化の影響は、じわりじわりと様々な場面で、この先訪れます。

綺麗事を言っている場合ではない

 リスクを抱えるのは嫌だ、だけどお金を増やしたい、外国はできれば避けたい、運用に関しては様々な声が聞こえてきます。私たちは日本人ですから、根本に流れているDNAはみな同じ。安全パイを望んでいます。誰もがそのような形で、預貯金という簡単な資産運用ができればそれに越したことはありません。しかし、綺麗事を並べている時代には、間もなく終止符が打たれます。この超x10低金利の時代、銀行は経営の改善をせず、現在と同様の経営を続けて行くなら、確実に破たんを迎えます。各企業はアジア各国の台頭と低金利のジャブを受け、年々その力を失っています。銀行は今までのように、企業への貸し付けと運用で利益を出すことは難しくなります。一方で各個人のタンス預金は増えるばかり。総額では27兆円あると言われています。

タンス預金のリスク

 あなたもタンス預金をお持ちでしょうか?タンス預金はメリットも多いですが、それ以上のデメリットがあります。お金の匂いというものは不思議なもので、換気扇から吐き出される焼き魚のにおいと同じかそれ以上の勢いで地域に広まって行きます。その噂を嗅ぎつけて空き巣が侵入する可能性が高くなります。置き場所によっては、お金があることを知らずに、片付けられてしまうかもしれません。火事が起こる可能性も否定できませんし、隣が火事になり、その延焼で燃えてしまう可能性もあります。今まさに各地で起こっているように、地球温暖化による災害、土砂崩れや地震、原子力発電所の事故などにより、突然の避難などもあるでしょう。5,000万円の札束は5kg以上の重さになります。スーパーで米5kgを買うと、とても重たいですよね。あの重さの袋を、誰にもお金と気付かれることなく持ち運ぶのはとても大変です。タンス預金は一つの方法ですが、あまり大きな金額をタンス預金しておくことはリスクが高すぎます。銀行への預金は増えない、かといってタンス預金は危険。どうすればいいのでしょうか?

一定額を銀行へ。一定額を手元へ。残りはこちらへ

 以前は銀行が破たんしてしまうと預金が保護されませんでしたが、今は法律が改正になり、2005年4月1日にペイオフ(預金保護)が導入され、一金融機関、一預金者に対して1000万円まで元利合計額が保護されることになりました。これで1000万円までは安心して金融機関に預けることができるようになりました。銀行では現在元本保証の各種商品が発売されていますし、デビットカードなどを上手に使えば、カードで決済したお金が直に引き落とされますので、高いと悪評高いATMの手数料を気にすることなく、銀行のお金を使えるようになります。でも、一定額は手元に置いておいた方が、何かあった時に安心できますね。そしてオススメの方法ですが、一定の額を海外の口座を使って運用してみて下さい。FXよりも簡単な、バイナリーオプションという方法は、とても簡単に行うことができる、資産運用の方法です。お金の事を考えていると、脳も活性化されて元気になりますので、一石二鳥。詳しい動画でご案内していますので、ぜひご覧になってみて下さい。

取引の動画はこちら

関連記事一覧

  1. 海外バイナリーオプションをお勧めする理由
PAGE TOP